茨城での木の家づくりでは工務店が特にリーズナブルにつくってくれる

一軒家

適材適所に木を設ける

茨城での家づくり、適材適所を吟味することがポイントになります。床や天井は、空間そのものの印象を決める重要な構成要素です。今、木の家が話題ですが、イメージだけで何となく木を張っても機能とデザインが噛み合わない、チグハグな空間になりかねません。例えば、ゆったり落ち着いた静かな空間に仕上げたいのなら、天井には明るすぎない色味の木を張ります。特に、天井面は材質や色味、光の反射などによって空間の明るさや質感がガラッと変わるために、丁寧に木材は吟味すべきです。木材の表面にある細かなオウトツが、光を乱反射させるので、日差しの眩しさを和らげてくれます。例えば、南側の開口から直射日光が入るのなら、天井には光の反射が少ない木材を選ぶのがいいでしょう。ちなみに、床材は家具の色味よりも少し濃い色のフローリングを選ぶのがベストだといわれています。

予算内で家具もつくれる

茨城の工務店が得意とするのは、木の特徴を知るからこそ、木の家でしょう。費用は材料の質、使う量によって一概にはいえません。こだわればこだわるだけ、費用も割高感が否めないものの、木材が持つ健康上のメリットから木の家を建てたい人は多い傾向です。輸入、国産の材料によって相場も異なりますし、加工法によってもピンキリです。繊維の目が詰まり、断面の木理が美しく、床材に多く使われるのはタモ、ラワンなどです。触れたときに温かみを感じるヒノキなどはバスタブに用いられるようで、色味を生かした仕上げにより高級素材になります。また、茨城では家具も造作してくれるケースが多く、木の家づくりでもお部屋に適したオリジナル家具をオーダーできます。工務店がもっとも得意とするテイスト(デザイン)ですから、家具づくりの技術に関する費用は割安です。予算内に納まるように、という内容でつくってくれることも少なくありません。

広告募集中